台湾鉄路管理局が五時間にも及ぶ先頭車両からの動画を公開。南国気分を味わえる動画が素晴らしい

台鉄 動画

台湾に行き、鉄道でのんびりとした旅。
そんな旅にあこがれる方も多いはず。
でも、実際はなかなかできない、そんな方のために。

さて、意味があるのか、需要があるのか。
それはわかりませんが、ご紹介。

台湾の鉄道といえば、台鐵と高鐵。
高鉄は台湾高速鉄道(鉄路)のことで新幹線の運行を。
台鉄は通常の列車、台湾鉄路管理局が運営する国鉄とでも申しましょうか。

今回紹介するのは台鉄。
わたくし自身、乗車したのは二度ほどでしょうか。
松山から花蓮、台北から桃園。
この路線で乗車したことがあります。

路線が分かれていますが、台鉄で台湾を一周することも可能です。
そんな台鉄ですが、動画サイトで、運転手になった気持ち動画を配信しています。
おそらく、運転席にドライブレコーダーのようなものを取り付けて録画しているのでしょう。

無線でのやりとり?や車内アナウンス、おそらく乗客の話し声、なども音声として収録された動画。
たぶんノーカット。
長いもので5時間以上。途中トンネル内もずっと録画されたりしています。
ただひたすらに先頭車両からの風景が録画されています。

その動画がこんな感じ。
YouTube動画

2014.1 臺鐵 順行 308次 花蓮 – 新左營 自強號 路程景

こちらは花蓮から新左營。
倍速なし。
あまりにも長いためか、8倍速や15倍速での動画もアップされています。

台湾鉄路管理局が、臺鐵影音專區という名で台鉄を紹介しています。
動画数は約700本。

1080Pまであるので、自宅の大型テレビなどで見ることができれば、きれいですし、臨場感がすごいかもしれません。

ちなみにわたくしのお気に入りは、自強號で新左營から臺東まで。
15倍速度の動画。
南国って感じがします。動画はトンネル、山、海、トンネルの繰り返し。
見る方は、トンネルを抜ける際のフラッシュにお気をつけ下さい。

臺鐵影音專區の動画一覧はこちら。

http://www.youtube.com/user/thetravideo/videos

鉄道に興味がなくても、台湾の風景が特等席で体感できる動画だと思います。
是非。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)