冷えたトースト事件

Francesinha

朝食にトーストが出てくるのは先日お伝えしたとおり。
ちょっとした油断が、大変なことに。

わたくし「いやいやいや、そんなこと………」
つま  「ばかやろう」
わたくし「いえね、少しね………」
つま  「少し何ッ?」
わたくし「すいません。わがままはもう言いません」
つま  「よろしい」

その数分前のこと。

寝室から出て二階の食卓へ。
つまと二人の子供は一時間ほど前に起床。
食卓にはすでにトーストが。
珈琲が注がれたマグがテーブルにおかれます。

つま  「今日のパン、うまく焼けたでしょう」
いつも、焼けども真っ白のままのトースト。
本日のパンにはおいしそうな焦げ目が。

わたくし「そうですね。おいしそうですね」
つま  「でしょう?」
わたくし「でも、がっちがち」
トーストはすでに冷め、バターを溶かすのを猛烈に拒否しています。
つま  「………」
ipadでネットニュースなど見ずに、顔を上げていれば。
つまの表情を確認さえしていれば。
わたくし「これからは、ここに座ってから焼いていただくと、いっそうおいしく召し上が………」
つま  「こっち見て」
老衰で亡くなったハギノカムイオーの写真から目を離すと、目の前には赤鬼が。
ほっかほかです。見えないはずの湯気が見えた気がしました。
わたくし「パンもそれくらい熱々で出てくるとね、いいんですけどね」
つま  「神経病(せんじんびん)。わたしはあなたのメイドじゃないぞ!」

朝から大変なことに。
後は冒頭に記載したとおり。
すっかりさめたトーストにバターを塗っておいしくいただきました。

お話をするときには、相手の目を見て話しましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)