消費期限の切れそうなフェイスパックで夜の蝶になろうとするつまにNOをつきつける

我的美麗日記

パック。
女性なら美のために、その根元はご主のため。
そう信じたい。
夜、お風呂上りに白面となり、一度は子供を泣かせたことがあるはず。

つまも御多分に洩れず、たまにパックなるものを施します。
顔面に潤いを。
確かに大事なことです。

その昔、韓国のパックが流行り、50枚だったか100枚だったか、購入したことがあります。
台湾のお義母さんやお義姉さんからもらった真珠粉パックなど余っているにもかかわらず、購入に踏み切ったので覚えていたわけです。

さて、先日の台湾のニュースで、中国からの旅行客が台湾でパックを買い漁るというニュースをみました。
その名も「我的美麗日記」というフェイスパック。
私の美しい日記………まぁ、日本語にするとちょっと意味不明ですが、パッケージ中央に「日本吉野櫻花面膜」とあるものが。
日本吉野櫻花面膜は、我的美麗日記というフェイスパックの中の一種類。
我的美麗日記は、全部で15種類あるのだそう。

興味のある方は下記画像か、こちらからどうぞ。

http://www.beautydiary.com.tw/

そんな話をなにげなくつまへ話したところ、思わぬカミングアウトが。
つま  「最近ね、わたし、毎日パックしてるよ」
わたくし「そーですか」
つま  「前、韓国の買ったの覚えてる?」
わたくし「ええ、買いましたねぇ。次はMADE IN JAPANにしましょうね」
つま  「消費期限切れそうだから、毎日使ってる」
わたくし「………お顔の消費期限はまだ過ぎていないのかなぁ?」
軽口を叩いてしまったことに後悔しつつも、もうアトには引けない状況に。
思い立ったら口に出したくなる性分なのか。どうしてこんなことを言ってしまうのか。

つま  「笑えない………出かけてくる! まだいけるの証明してくる」
まだいけるの証明するって、おいおい。
わたくし「パックしたまま行っちゃダメですよ」
つま  「!?」
わたくし「やめとけ。誰も相手にしてくれなくて泣いて帰ってきても知りませんよ」
つま  「もういい………新しいパック買うわ」
わたくし「どうしてそうなる」

またしても増えそうなパック。
日本のパックは高いって言ってたことが。
今月末に来る彼女のいとこが持ってくるパックが楽しみな今日このごろ。

台湾での化粧品や美容品、自分用やお土産用にいいかもしれません。
パッケージ可愛いですし。安いですし。
我的美麗日記ですが、そのお値段。
台湾のYAHOOで調べてみると、10枚で130元ほど。
8月8日現在のレートで、417日円。一枚42円。
大陸のアマゾンでは、10枚で46中国元。日本円にすると724円。一枚72円。
いかに中国で人気なのかがわかるような値段です。

台湾に旅行される方は、いたるところにあるドラッグストア。
屈臣氏(Watsons) ワトソンズは緑色の看板
康是美(COSMED) コスメドはオレンジ色の看板

を覗いてみてはいかがでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)